要約文学習法で偏差値35から70へ!

要約文学習法で偏差値35から70へ!

ある高3女子生徒の話です

 自分の勤めていた学校のことをあまり悪く言いたくはないのですが、 私が勤めていた高校は入学難易度が下の方であることは残念ながら事実です。ですから、ほうっておいても自分で努力し、現役で難関大学に合格できる生徒などごく少数です。そんな高校ですが、そこの生徒で、国語の偏差値(駿台模試)を35から70へとアップさせた女子高生がいました。高3の春から秋までのわずか8ヶ月間でです。

 課題を着実にこなす彼女の実力が次第についてきていることはわずか数ヶ月後には実感できていましたので、秋の試験では偏差値60台には乗るだろうと思っていましたが、70という偏差値には正直なところ私自身驚きました。


 当時、私は高校2年生の古典を担当していました。
ところが答案を見ると、多くの生徒の答案用紙にひどい日本語が並んでいるのです。これでは現代文も当然出来ないだろうと思った私は高2最後の授業の時に、「現代文を何とかしたいと思っている人がいたら相談に来るように」ということを言いました。

 すると、早速、その日の放課後に一人の女子生徒が 友達2~3人とやってきて「私は国語が出来なくて・・・」ときりだしました。
「できない」といってもどの程度できないのかがわかりません。ですから、模試の成績を聞きました。すると、「国語の偏差値は英語の半分しかない」というのです。
まさか、と私は思いました。彼女は帰国生でもありません。ですから、英語で偏差値60だとしても、その半分の30ということはないだろうと思ったのです。
帰国生でもないのに、英語で偏差値60をとれるだけの理解があり、真面目に勉強する子であれば、 いくらなんでも国語30はありえないだろうと思ったからです。しかし、鞄から出した成績表を見ると、英語70、国語35とな っていました。たしかに半分です。


 しかし、これはなにかの間違いかもしれません。私はまだ本当には信じていませんでした。そこで、私は 彼女の実力を見るため、とりあえず一つの課題を与えました。
すると翌日、彼女は早速その課題をもって、私のところにやって来ました。
私はさらに彼女の実力を測るため、課題文について幾つかの質問をしました。
季節はちょうど高二から高三になる春休み前の三月でした。

 彼女の解答を聞いた私は驚きました。中学二年生程度の読解力と記述力しか持っていないのです。
幾つか質問しても、課題文の内容と正反対のことを答えるのです。「これは大変だ!」というのが私の第一印象でした。
早速、春休みにやるべきことをアドバイスし、四月から個人指導が始まりました。

 《一回十分程度で!》

 個人指導といっても長時間のものではありません。一回五分から長くて 十五分程度でしょうか。もちろん、大学受験が迫ってきた頃には週に一回二時間程度、放課後に指導したこともあります。しかし、それ以外は高校でのわずか十分の休み時間に指導するということがほとんどでした。(その前の家庭学習はもちろん必要ですが。)

《とにかく続けること!》

「継続は力なり」とは言い古された言葉ですが、多くの生徒は続けることが出来ません。
体調不良を理由にしたり、「期末試験があったから」、「体育祭があったから」、「家の用事で」などなど、さまざまな理由で逃げたがります。
せっかく1ヶ月続けても1週間あけてしまえば、また1からやり直しです。とにかく歯を食いしばってでも最低3ヶ月続けることです。そうすれば国語の成績は目に見えて伸びていくのです。

彼女は続けました。たとえば、期末試験が近づいたときに、「期末の勉強もあるだろうから、こっちは期末が終わるまで休んでもいいよ」と私が言うと、彼女は「これだけはやる!」ときっぱり言って続けました。
夏休みには、週に一~二回程度登校して指導していたのですが、それができないときは、私の自宅にFAXをしてきました。(もちろんそれを私が認めたのですが。)
それくらい彼女は私を信じて、ひたすら私の指示通りに課題をこなしていきました。

《では、何をするか?》

 それではその八ヶ月の間、実力を飛躍的に伸ばすために彼女は何をしたのでしょう?
それが「要約文」です。

 市販の問題集を買って要約文を書いただけです。これをやって適切な指導を受けたならば、国語の実力がつかないはずがありません。

 要約文を書くことができるということは、その文章全体で何を言いたいのかがわかるということ、文章のなかでどこが大切であるかがわかるということなのです。それさえわかれば、国語の問題では、設問に対する答えも自然と浮かんできます。
しかし、国語の苦手な生徒の多くはその一番大切な部分が見えず、そこには「もや」でもかかっているかのように見逃してしまいます。そうすると当然、「解答がわからない」=「低得点」ということになってしまいます。彼女も典型的なそのパターンでした。そこに答えが書かれているのに、それには気づきません。手を変え品を変え、あれこれと角度を変えて何度質問をしても、見事にそこだけをはずして答えるということが常でした。
しかし、そんな彼女も、6~7月の夏休み前あたりの試験ではすこしまともな点数をとることができ、普通の高校生並みになりました。私もほめてはあげましたが、まだまだ本物の実力ではないと思っていました。だいたいこのようなとき、次の試験でまたガクンと下がって、やる気を失う子が多いからです。彼女もそれで気をゆるめることなく、夏休み中も継続して、ひたすら要約文を書く学習を続けました。

《 実りの秋! 》

 そして秋です。
九月下旬に行われた模試では、国語の成績はそこそこ良かったのですが、(具体的な数字は忘れてしまいました)、得意だった英語の成績が落ち込んでしまっていました。そのため、それからは英語、特に長文読解の勉強を中心にするよう指示しました。担任だった英語の先生に聞かれないようにそっと。
英語の勉強で一番まずいのはまだまだ単語力がないことを理由に長文にとりくまず、
ひたすら単語やイディオムばかりやっている生徒です。(この本を高校生が読んでいたら、「あ、自分がそうだ!」と思っているかも知れませんね。)それは長文から逃げているだけなのです。

話がそれてしまいましたので、元に戻しましょう。

《 偏差値70! 》


 秋も深まり、学校では種々の行事も終わって、12月の学年末試験に向けての準備が整いつつありました。
しかし、受験生にとっては推薦での合否も既にでていますので、まわりの生徒が次々と合格を決めていく中で、一般受験をする生徒はすこしそれをうらやましくも感じ、自分も推薦にすればよかったなどと思い始めもして、あせる時期でもあります。

 そんなある日の放課後、職員室に電話がかかってきました。それまで一度もお話などしたこともなかったこの指導をしている生徒のお母さんからでした。とにかく興奮した口調で「ありがとうございました!」を繰り返すのです。先日の駿台模試での国語の偏差値が70になったというのです。
またその時の試験では 得意の英語も偏差値70にのっていたため、総合でもかなりの好成績でした。お母さんの言葉で今なお記憶にあるのは「ありがとうございました」と、「あの子も日本人だったんですね」の二つだけですが、私はその御礼の電話をいただき、この要約文学習法は他のどんな学習法よりも効果があり、いかに優れた学習法であるかということを革新しました。

この女子高生の例でもわかるように、国語力を高める一番の近道は「要約文」なのです!

最短で国語の力をつけたいのだったらこの要約文学習法以外に方法はありません。

 

ご注意 受講可能人数に制限があります。お早めにお申し込みください。
国語通信講座 “無料8日間お試しコース”お申込み
すこしでも疑問がありましたらお電話ください。 当方からお電話することは絶対にありません。
TEL 050-5809-5956 受付時間正午~午後8時まで

無料レポート配信中!

無料レポート国語の点数をすぐに20点上げる5つの方法』 をご希望の方は、下のボタンから お申し込みください。

無料レポートお申し込み

入試頻出3大文法

▲「ない」の見分け方(2分)

▲助詞「の」の見分け方(4分)

▲助動詞「れる・られる」の見分け方(6分)

国語お役立ちトピックス